web広告 ::それでも君を好きになる::

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/122-82f85fdb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 122 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 03 ・ 20

はらはらと、泪する

■ミコマコ
号泣、というのではなくそんな泪でした、あたしの場合。
哀しいけれど、すがすがしさの残るようなドラマ。
そんな中、一番泣いたのは、同室の患者さんたちがミコを助けてあげてとお願いしているシーンだったりします。

ヒロスエさん、よかったなー、うん。
彼女がミコでよかった。
実はそんなに。。。だったりしたのですが(笑)、ちょっと目が変わりそうです。

ツヨシに関してはいわずもがな(だってだから好きなんだもーん)。
外で振り向いてミコにキスするシーン、綺麗だったなー。
最後の山のシーン、よかったなー。

うまく感想が書けません、すいません。
ドリちゃんの唄は反則だよ、これから聴くたびに条件反射で泣きそうだ。
とにかく、この1週間、ドラマに泣かされまくりでした。


朝のめざましで、豚さんの食いしん坊のコーナーに西遊記の面々がちょろっと。
本当に仲良しなんだなー、よかったね、シンゴ。
シンゴが伊藤くんにちょっかい出す様は、シンゴがこやりーずにするのと似てる(笑)。
それだけ愛があるってことだわねー。

今日、がんばった大賞があることもしらなかったよ。
それが生だっていうのもしらなかったよ。
うひょー。
スポンサーサイト
レポもどき。 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

はらはらと、泪する のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/122-82f85fdb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。