web広告 ::それでも君を好きになる::

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/558-15a02110
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 558 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 08

4/7すとすま増刊号@関西Ver.その3

きゃちすま。

シンゴ→たっくん。

「オッス!おら悟空、シンゴです。
華麗なる一族、毎回毎回すべて観てます。
キムラくん、僕なんか、あの、あの、なんかすげえ悪者みたいな感じで仲村トオルさんの役がちょっとしびれちゃうんですよ。
わっりいなあー、みたいな。
あと、京香さんもね。
京香さんがあ、電話が鳴ってるときに、早く取りなさい、とか言いながら去っていったのが、ちょっ、悪いヤツー。
キムラくんはこのヒトの、自分、キムラくんでもいいですし、このヒトのこのときのこんな感じが華麗なる一族の中で、今までに好きだったっていうところ、どんなところにどんなヒト、誰ですか。
あと、山本耕史さんが、レストランで、とかで、あ、食事の時に無言で食べてる、食ってる姿とかも、僕は結構好きです。
キムラくんは、すべて。。。好き」


「なんなのコイツ、大丈夫?
あの、メンバーの、メンバーからのメッセージじゃないよね、もうこの電話は。
わりと一般視聴者からの(笑)メッセージに近いんじゃないかなーと思うんですけど。
いや、でもありがたいですね、こんな見てくれてるらしくて、うーん。
なんか、あのー、スマスマで、うん、時々会うじゃないですか。
で、スマスマぐらいーなんですよ、SMAPのメンバーが、顔をね、あわせるっていうのが。
普段はもうみんなバラバラの仕事してるんで。
そういうときに、本当にね、毎週毎週毎回毎回、あのー、シンゴがおはよーつって入ってきたときに、いやー、今週もヤバイねーっていう、え、なにが?つったら、いやー、高炉爆発しちゃったねーとか、もう、あのー、仲村トオルさんがむかつくねーとか、なんかねー本当にのめりこんでくれているリアクションを毎度毎度くれて、俺もすごく楽しいんですけど。

そうだなー、シンゴ、シンゴ結構ね、深読み、深見してくれてますけども、華麗なる一族で。
あの、ちょうど今シンゴが言ってた、あの電話がずーっと鳴り響いてる中で、鈴木京香さん演じる高須相子っていうヒトがね、部屋を出て行くときに、さっさとお出になったら、って言って部屋を退出するシーンがあったんですけど。
それね、あのー、ドライカメリハランスルー本番っていう手順を踏む中で、京香さんに、あのー、ま、あの、会話がなされたあとにすぐに電話には行きづらいっていう空気になっていて、なんかきっかけがないと電話を誰かが取りにいくっていうのは難しいんじゃないかなっていう風に現場になったんですよ。
そんときに、僕が京香さんに、あのー京香さーん、とか言って。
さっさとお出になりなさいよとか捨て台詞はいて相子さん行っちゃったらどうですか、って言ったら、えー、でもそれ言ったら超いやな感じじゃないですかー?とか言ってて、いや、でも相子さんそれぐらいいやな感じでOKじゃないですかって言ったら、えー、じゃあやってみていいですか?って感じになって。
んで実際に本番!ってなったときに、なんていって京香さんはこの部屋から出て行くんだろうって見てたら、本番中に、ずっと電話が鳴り響くね、室内の中で、その部屋から出て行くときに、はぁーっ、さっさとお出になったら、つって消えていったんですよ。
あれがもうね、自分からアイデア出したとはいえね、実際ね、もう本番で京香さんがあの捨て台詞を吐いたときはもう、追いかけてってガチコン!ってやりたくなるぐらい腹立ちましたけどね。
うーん。

まあ、でも、内容自体はあのー、みんながね、背中合わせというか、ほんとにあのー、向かい合ってない、キモチも、ね、向かい合ってないような中身になってますけども、撮影現場はほんとに、みんなほんとに仲良くて、えー、楽しく撮影させてもらいましたね、うーん、華麗なる一族。
もうなんか最後のほうになってくると、ほんとに色々、うん、あのー、なんでも話せるような相手になったというか、存在感になってましたね。

もうさっきあの名前もちらっと出てましたけど、山本耕史くんなんかは今ずっと舞台で地方回ってるらしいんですけど、その都度その土地に着いた時点で、えー毎度毎度報告をしてくれて、今僕はどこどこにいますっていうね(笑)、えー銀平からのメールがえー、鉄平の携帯に入るんですけど、うーん。
ほんとに今後もきっと、えー、あの仲良くさせていただけたらなーってような方たちばかりでしたね、うん。

あ、ちょうど今日ね、京香さんから、朝、あの携帯みたらメールが入ってて。
え、ちょっとあのパリに行ってきたんですけども、パリの飛行機、帰りの飛行機の中で、華麗なる一族の照明のオンナノコとカメラマンさんと会って、あのー、偶然だったんですけど、っていうメールを頂いて。
でもね、それにしてもお仕事とはいえ、やっぱり仕事でパリに行くっていうね、さすが京香さん華麗だな、って思いましたね、ええ」
スポンサーサイト
未分類 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

4/7すとすま増刊号@関西Ver.その3 のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/558-15a02110
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。