web広告 ::それでも君を好きになる::

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/645-19d6755d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 645 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 29

7/28すとすま増刊号@関西Ver.2

::映画クランクアップの話::
「そうなんです、山のあなた~徳市の恋、クランクアップしまして、うん、楽しかったです。
もともと1937年ぐらいに、公開されている映画なんですよ。
1937年ぐらいに公開されていて、シミズヒロシ監督というあまり知られてない監督なんだけど、実はすごいヒトなんですね、このヒトはね。
あの~、うん。
なぜすごいヒトかというと、あのー昔の作品をみても、すごいぜんぜん古さを感じないし、あの撮り方とかもね、すごいすぐる、優れているので、うん、もっとほんとは脚光を浴びてもよかったんではないかという監督さんなんですけどね。

今でもね、でもね、徐々にやっぱり、あの、すごい監督ということであの、こないだもね、どこかでね、この監督のね、今でもなんか違う映画とか公開されたりとかしてて、うん。
知るヒトぞ知る名監督という。
そのね、監督がね、撮ったものをね、今回ね、ほんとにそっくりそのまま5.1チャンネルに置き換えようというカバー版をですね、え、撮ったんですよお。

あの、監督がそれにあたって昔のやつを何度も何度もツヨシくんみといて、て言われたんで、ほんとに自分のDNAに、うーん、しみこんでくるぐらい、あの、見ました、うん。
撮影期間中はずーっとみてました、ずーっとみて。
物まねとか僕できないんで、うーんどうかなーって最初思ったんですけど、物まねじゃないんだと。
その質感、質感、雰囲気とか、そういうものを感じて、自分の中に入れればいいんだと。
でもね、見てるうちにね、なんかわかるんですよね。
でね、見てるうちに、あのー、トクダイジさんって方がやられてたんですよ、僕の役を。
もうもちろんその方今亡くなってるんですけど。
なんかね、似てんのよね、僕に(笑)なぜか似てんのよ。
ほんとに不思議なんだけど、みてると、すごい似てるし、お芝居の仕方も、僕もこういうふうにほんとにやるんじゃないかなって思えてきたりとかして。
で、よく調べてみると、その方は昔に、あのー、父帰るのケンイチロウ役もやってるのね。
僕も舞台でやったことあるし、だからね、なんか、なるようにしてなったんじゃないかなって思ったりなんかして、うーん。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お疲れ様でございましたー。
ほんとね、偶然の出会いじゃないかもね、トクダイジさんと。


スポンサーサイト
未分類 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

7/28すとすま増刊号@関西Ver.2 のトラックバックアドレス
http://kajico.blog32.fc2.com/tb.php/645-19d6755d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。